• メールでのお問い合わせ
  • top_sp_tel.png

2017.05.31更新

EDというと、中高年の病気だというイメージがありませんか。
現在は20代から30代の若年層にも増加しています。
加齢のせいだけではなく、実は様々な原因が潜んでいるのです。
大きく分類すると血管の老化や神経障害が原因の器質性と、ストレスが原因の心因性に分けられます。

現代の食生活は欧米化しており、それに伴いEDも発症しやすくなっています。
また初期のED治療で他の病気も発見される場合があります。

喫煙も大きく関連しています。
なんと来院される8割が喫煙者です。
ニコチンには血管を収縮させる作用があるので、それが悪影響を及ぼしています。

心因性の場合は専門医やカウンセリングなど一歩踏み込んだ治療の紹介など最適なアドバイスを致します。
神戸にお住まいの皆様、一人で悩まずにご相談下さい。

投稿者: 田中診療所