• メールでのお問い合わせ
  • top_sp_tel.png

2018.01.04更新

EDと聞くと中年層の方がなるものと思われがちですが、実は若年層にも増えつつある男性にとって身近な病気です。
生活習慣の改善や症状にあった治療を行えば予防することが可能です。

EDの症状は、高血圧や糖尿病、高脂血症など動脈硬化につながるさまざまな生活習慣病が関連していることが多くあります。
EDの治療で生活習慣病の初期発見に役立つこともあります。

血管の老化や神経障害が原因の器質性とストレスなどが原因の心因性があり、心因性の場合ストレスを取り除くことで改善されますが、それでも改善されない場合には、うつや男性更年期障害も考えられます。

EDの原因は、器質性と心因性が絡み合っているケースが多くあります。
少しでも不安をお持ちの方、神戸にある当院へ1度ご相談下さい。
最適な治療をアドバイスいたします。

投稿者: 田中診療所